ワイヤレスチャイムの導入は簡単!まずはお試しから始めてみよう

飲食店にワイヤレスチャイムを導入するべき理由

人差し指を立てる

飲食店を経営する上で必須と言える機械はいくつもありますが、ワイヤレスチャイムも重要度が非常に高い機械の一つと言えるでしょう。
客が声を上げれば従業員にすぐ届く狭い店だから、うちには必要ないと思っている店主もいますが、規模に関わらずどんな飲食店でも導入をするべきです。

飲食店で使用される呼び出しチャイムは、一つの据え置き受信機に対して、ワイヤレスの呼び出しボタンが複数あるタイプのもので、ボタンが押されると受信機に押された番号が表示されるタイプになります。
これにより、どの客が注文をしたいかを即座に知れるだけではなく、何番の席に何の料理を出せばいいかという管理がしやすくなり、注文間違いを減らすことにも繋がります。

また、今は注文をする時に声を上げて人を呼ぶこと自体に抵抗があると言う人も増えているので、呼び出しチャイムがないと言うだけで、客にとっての評価がマイナスされることもあるくらいです。
そう言った客を逃さないためにはチャイムが必須ですが、当然各席にあるチャイムからコードが出ていると、コードが踏まれたり引っかかったりして故障や怪我のもとになったりします。

今でも呼び出しチャイムを利用していない飲食店はありますが、より客に愛されるお店、気安く利用してもらえるお店にして利益を上げたいなら、ワイヤレスの呼び出しチャイムも必ず導入するべきでしょう。

ワイヤレスチャイムの主な活用シーン

離れた場所にいる人を呼び出す目的に使われるチャイムを設置するには配線を行うのが一般的でしたが、最近ではワイヤレスタイプの製品が広く使われるようになりました。配線不要で離れた場所から鳴らせるワイヤレスチャイムの活用シーンには、事業所と一般住宅の2つが挙げられます。事業所でワイヤレス方式のチャイムを導入している例としては、ファミリーレストランなどの飲食店で来客が注文を知らせる目的で利用されてきました。特別養護老人ホームやグループホームなどの介護施設でも、入所者や利用者がヘルパーさんを呼び出す用途に使われています。一般の工場やオフィスで離れた場所にいる担当者を呼び出す際に、ワイヤレスチャイムが重宝されているケースも少なくありません。一般の住宅では配線型のインターホンが主流でしたが、手頃な価格の製品が増えてきたことからワイヤレスタイプも人気を集めています。家庭用で無線距離が200m以上に及ぶ製品も売られていますので、自宅の敷地が広い場合に屋外から人を呼び出す目的で使いたい場合におすすめです。別売りの送信機を使って複数台を増設できる製品や、スマホを受信機として利用できる製品もあります。用途や目的に合わせ、使いやすいワイヤレスチャイムを選んでみるといいでしょう。

介護業界など様々な業界で使われるワイヤレスチャイム

チャイムはアナログのものもあれば、最近はデジタルのものもあります。そしてデジタルを活用したチャイムがワイヤレスチャイムです。ワイヤレスは介護事業所でも使われることがあり、瞬時に介護士にボタンを押したことが伝わるのがメリットです。また、介護事業所の他には、漫画喫茶やホテルなどでも使われることがあります。漫画喫茶ではカウンターにワイヤレスチャイムが設置され、ボタンを押すとスタッフに押したことが伝わり、直ぐに接客をすることが出来るようになります。

ワイヤレスのチャイムのメリットは、多少離れていても無線でボタンを押したことを知らせてくれることで、壁などを隔てていても使うことができます。通常の呼び出しベルは壁を隔ててしまうと、音が小さくなりスタッフが、ワイヤレスチャイムならそのような心配もなくなります。また、カウンター等にワイヤレスチャイムを設置することで、お客さんのストレスを軽減させることができて一石二鳥です。お客さんをいらいらさせてしまうと、それが原因で再度来訪してくれなくなることも考えられます。それをワイヤレスチャイムでなくせば、再度来訪してくれるリピーターになってくれる可能性もあります。お客さんを失いたくないときにもワイヤレスチャイムは活躍してくれます。

トピックス

あなたにおすすめのリンク

Top